引越し時期が見積もり料金に与える影響と繁忙期でも極力安くするおすすめ方法

引越し時期は慎重に!時期によっては高くなることも!?

引越しは時期によって値段が変わります。

そのため「いつ引越したら一番安くなるか?」と気になりますよね。

基本的に、引越しには「絶対に料金が安くなる月」というのはありません。

しかし、引越し料金が絶対に高くなる3月、4月の繁忙期はあります。

もしも、あなたが引越し代を少しでも浮かせたくて「何月なら安く引越しできるのか?」を調べているのであれば、どの時期であれ一括見積もりサイトを使って、複数の引越し業者見積もりをとりましょう。

なぜなら、一括見積もりサイトを利用すると料金が安くなるからです。

引越し料金は繁忙期と閑散期で2倍ほど価格がわかりますが、一括見積もりをするのとしないのとでは、同じくらい引越し料金の差が開くことがあるからです。

この記事では避けるべき引越し時期と、引越し料金を抑える方法、一括見積もりのメリットをご紹介します。

高い時期を避けて一括見積もりで安い業者を探して安くてお得な引越しを実現してください!

 

引越しが高いのは3月と4月!引越しはそれ以外の月にしよう!

3月、4月は「引越し繁忙期」であり、わざわざこの時期を選んで引越しをするメリットはありません。

もし引越しする時期を選べるのであれば3月、4月以外がオススメです。

どういうことなのか1つずつ説明していきますね。

 

3月、4月が高いのは引越し業界の繁忙期だから

一般的に3月、4月は「引越し繁忙期」と呼ばれ、新学期や新卒の入社、転勤などの理由から日本全国で引越し件数が非常に多い月です。

引越しが多いため業者の需要が高まり、引越し料金も通常時(5月から翌年2月)に比べると高額になります。

今回電話で引越し会社3社に「引越しの繁忙期は通常期に比べると、どれだけ高くなるか?」を調査してみました。

 近距離中距離遠距離
通常期
(5~2月)
30,000~50,000円120,000~150,000円120,000~13,0000円
繫忙期
(3、4月)
50,000~100,000円200,000~300,000円200,000~500,000円

一般的には5月のゴールデンウィーク明けから引越しの依頼は落ち着き始めるので、引越しをするのであれば5月中旬以降から2月いっぱいまでにしましょう。

 

3月、4月に引越しをするデメリット

3月、4月の繁忙期になると引越し業者は大忙しです。

そのため引越し料金が高いだけではなく、予約がいっぱいで引越しの依頼ができないこともあります。

安さが売りの単身パックも業者によっては高額になったり、遠距離の利用ができなくなることもあります。

梱包資材の回収などのオプションサービスや業者がおこなっている割引キャンペーンを受けられないこともあるんです……

3月、4月は引越しが多く、引越しの繁忙期のため料金が高く、オプションサービスが利用できないなど納得のいく引越しが行えないかもしれません。

「安く引越しをしたい」「キャンペーンでプレゼントをもらったり割引を使いたい」「オプションサービスを使いたい」という方は避けられるなら3月、4月以外で引越しをおこないましょう。

ですが引越し料金を安くする方法は3月、4月を避けるだけではありません。
安く引越したいのであれば引越しの時期ではなく、日時や時間も気にしましょう!

どういうことか、次の章で詳しく解説していきますね!

 

引越す日取りや時間を意識すればもっと安くなる!

引越しには絶対に安い時期はありませんが、安くなる日取りや時間があるんです。

また、時間に余裕をもって引越しの1、2か月前から引越しの予約や準備をすると引越し代が安くなりやすいんです。

詳しく解説しますね!

 

月の上旬~中旬が依頼しやすく、安くなる

安く引越したいのであれば、月の上旬から中旬に依頼をしましょう。

引越しは月初めに新生活を開始するために、月末に引越す人が多いんです。

そのため、月の上旬から中旬にかけて引越し料金が安くなる傾向があります。

もしも安く引越したいのであれば、月の上旬から中旬に依頼をしましょう。

ただし、3月、4月の繁忙期は上旬下旬関わらず常に高いので注意してくださいね。

 

引越しは引越し業者の予約がとりやすく、料金の安い平日がオススメ!

もしも、1週間のうち平日がお休みという方は引越し代が安くなるチャンスかもしれません。

なぜなら引越しは休日や祝日に多いため平日は空いていることが多く、引越し代が安いからです。

例えばサカイ引越センターには引越しカレンダーという「いつ引越せばお得に引越せるか?」という引越しカレンダーがあります。

サカイ引越センターの引越しカレンダーによると3月、4月を除く5~2月ほとんどの月の平日は割引が行われていますが、土日、祝日に割引が行われていることはまずありません。

依頼の多い土日や祝日は平日より引越し費用が高かったり、平日に比べて割引がないこともあるので、引越せるのであれば平日がおすすめです。

 

混載便ならお得!

時間に余裕のある方なら混載便もオススメです。

各引越し業者が提供する混載便は、他の人の荷物と一緒のトラックで目的地まで運ぶことで、運送費用を安く済ませるプランです。

混載便は他の人の荷物と一緒に運ぶため、細かい出発日時や到着日時が選べません。

ですが、引越しの開始時間、到着時間が選べないため時間に余裕のある方にオススメです。

混載便を利用する際には、荷物がいつ届いてもいいように時間や日取りの予定を開けておきましょう。

 

引越し業者の都合の良い日、いい時間に合わせて引越しをすると安くなる

引越しまで時間に余裕がある人は、引越し日や引越しの開始時間を引越し業者に決めてもらうと安くなります。

引越しの値段は時期やタイミングの他に業者の忙しさなどの細かい条件で変わります。

そのため、引越し業者の都合の良い日、時間帯に引越しをすると料金が安くなることもあるんです。

例を挙げるとアート引越しセンターには引越し待ち割りキャンペーンがあります。

引越し待ち割りキャンペーンはアート引越しセンターに引越しの日取りを決めてもらうと引越し代が最大半額になるキャンペーンです。

引越し待ち割りキャンペーンを利用する際には、まずは引越しの希望日を決めます。

例えば、7/10が引越しの予定日の場合、7/10前後の7/8~7/12でアート引越しセンターに引越しの日取りを決めてもらうと最大50%安くなるんです。

また、引越し業者によっては公式ホームページで引越し料金が安い日のカレンダーを公開しているところもあります。

先に取り上げたサカイ引越センターをはじめ、アリさんマークの引越社、アーク引越しセンターなどがあげられます。

「来月は3日が安いから来月の3日の見積もりをとろう!」と安い日を確認してから見積もりをとると安くなりやすいですよ!

他にも、引越しの日時を決めてもらうフリー便というものがあります。

フリー便は業者によっては「開始時間おまかせ割引」など別の名前でサービスを提供しているところもありますが、基本的に「引越しの開始時間はわからないが、その代わりに安くなる」といったプランです。

ただし、フリー便の場合引越しの開始時間が夜や朝一番(引越し会社の営業時間による)になる可能性があります。

これは、引越し業者の都合の良い時間に引越しを始めるため仕方ありませんが……

たいていの場合、引越し1週間前から数日前には「引越しを何時から始めるか?」の連絡が来るので引越し当日には引越し以外の予定を入れない方がよさそうです。

 

早く申し込むと割引になる業者もあるかも?

業者の中には早く申し込むと引越し料金が割引になる業者もあります。

例えば、西濃運輸の単身パックは14日以前に申し込むと1,000円割引があります。

新居に合わせて整理小物を統一感のあるものにそろえたい、おしゃれなものに変えたいと思う方もいらっしゃると思います。

ちょっとした金額ですが、1,000円あれば商品が9点。女性に人気の300円ショップであれば3点買いそろえることができますね。

また、引越しの料金は時期によって変わります。

繁忙期が高いのは例年同じですが、5~2月の通常期はどの月もあまり変化はなく、「絶対に安い月」はありません。

引越し料金を安くしたいのであれば、繁忙期を避けるだけでなく一括見積もりをすることをオススメします。

一括見積もりとは、複数の業者に相見積もりをとることです。

一括見積もりサイトなら、一度だけ引越しの情報を入力するとあなたに合った引越し業者がすぐにわかるんです。

また、一括見積もりサイトを利用するとたくさんの業者を比較することができ、自分の引越し料金の適正価格を知ることができます。

適正価格がわかれば、引越し料金が高い業者と安い業者がわかるので、適正価格を知ることは引越し料金を安くする第一歩といえるでしょう。

多くの引越し業者は、引越しの見積もりの受付を「1~2ヶ月前」としているので、一括見積もりサイトを利用する目安としては引越しの1~2ヶ月前がよいでしょう。

引越しの1~2ヶ月前から引越し業者を比較・検討しはじめましょう。

 

どうしてもこの日に引越したい!急いで引越したときには配送日とオプションを確認!

引越しは必ずしも前もってわかるものばかりではありませんよね……

転勤が多い方や、何らかの事情がある場合は

「どうしてもこの日に引越さなきゃいけない!」

「急な事情で退去しなければいけなくなった!」

「安くするのも大事だけどそれよりスケジュールを優先したい!」

という方もいらっしゃるでしょう。

引越し業者のプランやサービスによっては急な引越しに対応したサービスもあります。

また、急ぎの引越しをする場合に知っておくとよい引越しの情報をいくつか集めておきました。

ぜひ参考にしてください。

 

新居にすぐに住めないときに荷物一時預かり

急な事情で退去しなければいけなくなった場合、すぐに新しい入居先に住めないことがあります。

引越しの荷物がなければ身体1つで一時的にホテルに宿泊すれば問題はありません。

しかし、大きな荷物がある場合は置き場所に困りますよね。

そんな時はトランクルームを利用しましょう。

トランクルームなら荷物を安全に保管することができるので、実家や友人に荷物を預けることができない方におすすめです。

また、引越し業者によっては、荷物一時預かりサービスをおこなっているところがあります。

荷物一時預かりは、引越し業者が所有するトランクルームに荷物を預けるサービスです。

引越し業者に依頼をすれば引越し当日に作業員に荷物を渡すだけで、自分でトランクルームに荷物を持っていく手間もありません。

例えば日通の場合、引越しで一時的に荷物を預けたい人から建て替えなどの長期間荷物を預けた人まで利用できます。

最短1ヶ月未満から数ヶ月間荷物を預かってもらうことが可能です。

新居の退去日と入居日がズレている方は検討してみましょう。

 

当日配送の確認

混載便の単身パックの場合、基本的に当日配送はできません。

というのも、混載便は他の人の荷物と一緒に運ぶため運ぶ日程が決まっているからなんです。

単身パックの配送日に関しては引越し業者の対応、時期による忙しさやトラックの配送状況によって異なるので、依頼を考えている引越し業者に電話などで確かめておきましょう。

もしも、絶対に当日配送を希望する場合には、荷物量にかかわらずトラックを借りておこなうチャーター便の方がよいでしょう。

チャーター便は荷物が多い人向けの引越しプランではありますが、荷物をトラックに積んだらすぐに出発できるので同一市内や近隣の県外の引越しならば当日配送が可能です。

また、単身者の方で急ぎの引越しを考えている方は、後述するお急ぎ便の利用も考えてみましょう。

 

すぐに引越しをしたいならお急ぎ便

単身パックの中には急な引越しに対応しているものもあります。

例えば日通が提供する単身パック当日便です。

日通の単身パック当日便はトラックを借りてチャーター便で運びます。

チャーター便は荷物が多い人向けと先ほど言いましたが、日通の単身パック当日便は1R~2DKぐらいの大きさの家に住んでいる単身者が対象です。

当日便の利用条件は以下のようになっています。

  • 引越しが4時間以内に終わること
  • 移動距離は30分以内であること

条件はありますが、半日で引越しが完了する便利なパックなので、条件に当てはまる人は当日便も検討してみましょう。

 

3月、4月は高いだけじゃなく引越しできない「引越し難民」になっちゃうかも!?

3月、4月の繁忙期には、引越し業者は大忙しとなります。

また近年では3月、4月に

「引越し業者が見つからなくて引越せない…!」

「引越し料金が高すぎて払えない…!」

といった理由から引越しができない「引越し難民」が増えています。

理由は引越し業界が人手不足になるうえに、働き改革による残業を減らす動きで引越しの依頼件数を減らしているからです。

「引越し難民にはなりたくない!」とはいえ、進学や就職の関係で3月、4月に引越しをしなければならない人は多いでしょう。

そこで、引越し難民にならないポイントを抑えておきましょう!

 

ずらせるのであれば引越し時期をずらそう

最初の章でも説明しましたが、もし引越す時期を選べるのであれば繁忙期を避けて通常期に引越しをしましょう。

引越しを前倒して1~2月に引越したり、遅めの5月中旬以降に引越しましょう。

また、月の中旬の平日であれば引越し業者も手が空いていると思われます。

3月、4月をずらして、安くなりやすい月の中旬、平日を狙って予約をとりましょう。

 

荷物量を減らそう

「3月、4月に引越す予定だけど何から始めたらよいかわからない…」という方は、まずは荷物を減らしましょう。

大きな家電家具を処分するには時間がかかります。

売るならばリサイクルショップに持っていく、捨てるのであれば曜日に合わせてごみに出したり、リサイクル家電ならリサイクル券の購入など…。

ものを捨てるのに意外と時間がかかるので、いらない荷物は早めに処分しましょう。

荷物を必要最低限なものだけにすれば、小さなトラックで済み、大きなトラックを使わないため引越しの費用が安く抑えられ3月、4月に依頼する場合でも引越し費用が安くなります。

また、荷物が減れば自分で荷物を運んだり、必要なものだけを宅配で送るなど引越し業者に頼らない引越し法ができるかもしれません。

まずは荷物の整理から始めてみましょう。

 

早めの予約を心がけよう

もしも3月、4月に引越す場合でも早めに引越し業者に連絡をとっておきましょう。

引越し業者にもよりますが、引越しの見積もりはたいてい2~3ヶ月前から受け付けています。

例えばサカイ引越センターでは2~3ヶ月前から予約を受け付けているので、早めの1月ごろには引越し業者に予約を入れておくとよいでしょう。

 

繁忙期中の3月、4月でもあきらめずにたくさんの業者を探そう

どうしても繁忙期中に引越さなければいけない場合でも、あきらめずになるべく多くの引越し業者を探しましょう。

大手だけに限らず、中小企業も一緒に比較・検討できると引越しを受けてくれる業者が見つかる可能性は高くなります。

大手だけでなく、地元の引越し会社も視野に1社でも多く探しましょう。

 

たくさんの業者をまとめて探すには一括見積もりが最適

中小企業も含めてなるべく多くの引越し業者を探すには、一括見積もりサイトを使うのが一番です。

一括見積もりサイトは引越し料金を安くするだけではなく、複数の業者に見積もりの依頼を簡単に依頼することができるので業者をたくさん探したいときに便利なんです。

目安としては、引越しを想定している2ヶ月ほど前に一括見積もりサービスを利用しましょう。

先ほどもお話しした通り、あまりに早すぎる時期だと見積もりがとれないからです。

一括見積もりサイトを利用すれば繁忙期であってもたくさんの業者の見積もりを出すことができるので、ぜひ活用しましょう。

まとめ

ここまでで、引越し時期の選び方で料金を安くする方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もしも引越し時期を選べるのなら、なるべく3月、4月の繁忙期は避けて5~2月に引越しをしましょう。

どうしても繁忙期に引越さなければいけない場合は、なるべくたくさんの引越し業者を比較して自分に合った業者を見つけましょう。

一括見積もりサイトを利用するとメリットがたくさんあるので、ぜひ見積もりをとって、安くて快適な引越しを実現してくださいね!